pnk のすべての投稿

Live2Dのアバターコンテストに参加!

Live2DAvatarCreationContestに参加いたしました。
このコンテストはLive2Dでアバターを作って、それをFaceRigで動かした作品を投稿するというもの。
作った作品はSteamのFaceRig Workshopにアップロードしなければならなかった。

これの締め切りが2月19日だったのですが、とにかく時間が無かった!!!
前日は卒業研究発表会とかもありまして、「あ、コレ間に合わないのでは?」と何度となく考えた。
前の週まで授業もあったし、よく参加までこぎつけたな〜と思っています。
周りにも参加する!と言いふらしていたので、有言実行できて本当によかった・・・

Live2Dはチュートリアルしかやっていないという状態だったのですが、
自分で描いた絵をLive2Dモデリングして、FaceRigで動かすというところまでは結構スムーズに行きました。

Live2D入門チュートリアル
http://sites.cybernoids.jp/cubism2/beginner-tutorial/08/beginner-tutorial

ちなみに今回作ったアバターはこちらにあります。
FaceRig Workshop:http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=627608962

くらげ星人さんと私は呼んでおります。
周りの人に見てもらったら、殺せんせーみたいとかホイミンみたいと言われましたw
殺せんせーはなるほどと思いましたが、ホイミンは知らなかった・・・
調べてみたらホントに似ていてちょっとドキドキしてしまった。

作品を作るまででちょっと戸惑ったところとかはまた掲載しようと考えています。
参加してみてわかったことは、Live2Dのモデリングは結構疲れる。
というのも、自前で絵を用意するなら、レイヤーごとにきっちり管理する必要がある。(絵描き慣れてたら普通か…)
さらに、ポリゴン割り当てというのが、人を選ぶと思う。

自分は結構好きな作業なのですが、人によってはこのポリゴン割り当てで挫折するのではと思います。
ヌルヌルに動かしたい!となればそれなりに細かくポリゴン割り当てしなくてはならないです。
自分もチュートリアルでちょっと挫折しかけた…
個人的には点だけ指定して、最後に点からポリゴンを自動生成するってのが一番楽でした。

Live2D自体やってて面白かったですし、Unityにも移植?できるらしいので、
ゲーム作りたいと思ってる学生には打って付けではないかと思いました。

最後に、Live2Dは無料版もありますが、テクスチャファイルが一つしか保存できません。
自前の絵だと、一つでは困ってしまうことがあるかと思います。(実際そうなってしまった
無料版でことを済まそうと考えていましたが、結局60日間のプロ版トライアルを利用しました。

読書のはなし

読書が嫌いです。
昔から好きじゃない。活字を読むことが好きじゃない。

でも今いくつよ?
23にもなって、学生してるくせに読書嫌いって致命的じゃん…
と常々考えている。

この前ある先生に読書嫌いについて相談したら、
「まあ、乱読しかないよね〜」とのこと。
そして「好きなジャンルを見つける」ことが大事らしい。

確かに好きなジャンルがあればそれをとっかかりにできる気がする。
そのためにも乱読なのかなーと考えた。(好きなジャンルとかないから…

春休みの間にとにかく読むというのをやってみたい。
幸い身近に本をよく読む人がいるので、本はある。

なので読みたい本とかをリストしてみようと思う。

  • ロンリのちから
  • シス管系女子2
  • フロントエンドエンジニア必須知識

ぱっと思いついたのはこの3つだなぁ
ちなみに上2つは現在読んでいる途中。
シス管系女子はマンガだから個人的にすごくとっつきやすい。
でもシス管系女子2は結構文字量多くて苦戦している。

convertコマンド使いたい

texで図を貼る際、eps以外の形式だとebbコマンドとかしないといけないから面倒くさい。
情弱な自分はconvertコマンドなるものを小耳にはさみました!
きっとこれから使うに違いないのでインストールします。


まず検索してみると、”homebrewで入れようとしたらうまく行かなかった”なんてのを見かけた。
うまくいかないらしいから自分もパッケージからインストールする。(チャレンジしろよ…

ImageMagick installer for Mac OS X

インストールして、早速convertコマンドを使ってみるが、「「Command not found」」!!
参考にしたサイトではこういう時にはシェルの設定ファイルにこれを追加するといいとか

export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib

.zshrcに書いて反映させて、もう一度トライするも「「Command not found」」!!
なんでやー

そもそも本当に/usr/local/libにいるのか?

 pnk % which convert
/opt/ImageMagick/bin/convert
いないじゃないか!!!

そもそもパッケージインストーラーのダウンロードサイトに

The installer puts ImageMagick into /opt/ImageMagick and adds it to your PATH by creating an entry in /etc/paths.d/.

って書いてたわ/(^o^)\
文字読むのを避けて生きてるのが露見した。

なんで、パスをこうしたら使えました。

export LD_LIBRARY_PATH=/opt/ImageMagick/bin

ただいまみたいな…

失踪してしまった…orz

なんかまともなことを書かなきゃと思いすぎていて結局何も書かないって状況に陥っている。
それでGearVRの開発環境の設定とかも下書きに封印されたままだ!!
よくない!!!
ちょっとでもいいから続けることが大事だよね。

GearVRのうんぬんはいつ公開できるかわからんが、
とりあえずこまめに更新する癖をつけていきたいなーと思いましたまる

とりあえず授業の最後の課題が明日までだから今はそっちをがんばろう。

バックアップの話

やるべきことはあるけれどもやりたくない。
現実逃避にPCのバックアップを取ります。(一応大事なことですし…汗
もう5年目に突入したMacBookProですから、いつ逝ってしまってもおかしくないのです。

Macでバックアップというと、もちろんTimeMachineが主流ですよね。
私も簡単なのでTimeMachineを使っています。

別に書く程のお話?って感じかもしれませんが、ちょっと気になっていたことがありました。
まず、このボロMacですが、最近クリーンインストールしてyosemiteにしたんです。

クリーンインストール後には復元せずに、必要なアプリやらデータをHDDからコピーして使いました。
きれいサッパリなPCでやんややんやして、また色々と増えてきたなぁ…バックアップ取らなきゃー
でも今までTimeMachineで使ってた外付けHDDでできるのかな…:(;゙゚’ω゚’):

という疑問があったのです。
まあ、できるに決まっているのですが、yosemiteにする前のバックアップデータが無くなってしまったりしないかしら、、、という不安がありました。

消えちゃうの怖いしTimeMachine使わないでrsyncとかで手動でやろうかな…とも思ったのですが、
TimeMachineはやっぱり便利じゃないですか。これより面倒くさい方法なんて、イヤ!
もういいや〜消えたっていいじゃないか〜ということで、決行してしまいました。
(よくよく考えたら全然良くないよ・・・)

決行した結果が以下の様な感じになりました。

backup01

予想していたのは、
新しいBackup.backupdbが作られてyosemite以前のバックアップがごっそり無くなる。
もしくは、
Backup.backupdbの中にpnk-MacBookProができて、そこにバックアップがとられる(yosemite以前も残る

とかになるのではと思っていましたが、予想外な感じでした。
コンピュータ名変わって、昔のバックアップも引き継がれた形ってことで良いのでしょうか。

といっても現在はバックアップ作成中なので、終わってから裏切られたら怖いですね。
実験的な感じになりましたが、私みたいに消えないか怖いって人に参考になったらいいなー


おまけ

GalaxyS6もバックアップを取りました。
S6・S6edgeより前の機種はKiesというアプリケーションでPCとのデータのやり取りができるらしいのですが、S6以降は非対応らしいです。

新しくSmartSwitchというのが出ているそうで。
こちらを早速入れてみました。
起動して接続出来たらこんな感じになります。

backup02

すごいシンプル。
バックアップを押すだけでホームディレクトリ直下にSamsungフォルダができ、そこにバックアップデータが入りました。
どこにバックアップを取るか選ばせてくれなかったので、ここにしか取れない感じですかね。
まあ、どーにかしたら変えれたのかもしれません。

すべて復元ではなく、部分的に復元したいときは、復元を押したあと「別のバックアップを選択」にしたら選べそうな雰囲気がでてました。
まだやってないのでなんともいえませんが…

Googleアナリティクス(開始編)

バイトでGoogleアナリティクスを触る機会があるため、どういうものかわかっているつもりではいるのですが、いかんせん使い方がよくわかりません。

せっかくブログを始めてみたわけなので、このサイトでもやってみれば勉強になるやもです。

まずGoogleアナリティクスは何かと言うとアクセス解析サービスのことです。
名前の通りGoogleが提供してるサービスで、ありがたいことに無料で使えます。
利用にはGoogleアカウントが必要です。

初めて利用する場合、ログイン後に

Googleアナリティクスの使用開始
[お申込み]←ここボタン

という項目から設定に行けるようですが、私はすでに申込してしまっている体ですので、
2個目のサイトを追加するみたいな感じになります。
アナリティクス設定>アカウントから「新しいアカウントを作成」を選びます。

Analytics01

そしたら新しいアカウントの入力項目が出てくる。


  • アカウント名:好きに付けていいらしい(わかりやすいのがいいかも)
  • ウェブサイトの名前:このブログの名前にしました
  • ウェブサイトのURL:まあ、そのままですね
  • 業種:どういった内容か合うものを選べば良さそうです
  • レポートのタイムゾーン:日本ですね
  • データ共有設定:とりあえずデフォルトで全部チェックした

これらを入力して、「トラッキングIDを取得」をおす
利用規約とか出るので、同意するを選べばトラッキングIDとトラッキングコードが出てきます。

簡単ですね!
でもこれだけではまだアクセス解析できません。
取得したトラッキングIDをサイトに設置する必要があります。

WordPressのサイトの場合、プラグインを使う方法と「外観>テーマの編集」から設置する方法があるようです。
プラグインの素晴らしさにも目覚めてしまったのですが、あんまり色々入れても大変かな…
と思ったので今回はプラグインに頼らないでやってみます。(そんなに難しくないんで

ダッシュボードの「外観>テーマの編集」に行って、右のテンプレートの中からヘッダー(header.php)を探す。⌘+Fで`

を見つける。

`の上にトラッキングコードを貼り付け。
これで変更を保存したら完了です。

なんかごちゃごちゃあるよ なんかごちゃごちゃあるよ なんかごちゃごちゃあるよ

!ここに貼り付け!

そんなに難しくないですね!
これでもうアクセス解析ができるようになります(∩´∀`)∩ワーイ
参考にしたページによると複数コードを入れてしまうと、ダブルカウントしてしまうようです。
(プラグインでもID入れて、header.phpにも入れるとか)

とりあえず開始編はこんなもんです。
次は忘れないように基本的な使い方を書こうと思います。

スタイルシートを編集

テーマを変えたら投稿した記事タイトルの英文字がすべて大文字になっていた!!
これはどうにかならんのか

調べてみたらスタイルシートを編集したらいいらしい!
でも調べたところとスタイルシートの中身違うからどこ編集したらいいかワカラナイよ…

こんな時に役立つのが要素の検証だった。
これってChromeしかない機能でしたっけ。
ページで右クリック>要素の検証でスタイルシートとかでどう設定してるか確認ができる。

早速問題のタイトルを右クリックして要素の検証を出します。

text-transform: uppercase;

というのが大文字にしているらしいです。

試しに要素の検証のところでuppercaseをnoneに変更してみると、
タイトルが全部大文字から入力したとおりになっています!
あとはダッシュボード>外観>テーマの編集からCSSを出して、要素の検証で見つけた部分を探します。
変更して再読み込みすると、ちゃんと反映されております!
やったー(∩´∀`)∩ワーイ


一つ直したらもっと直したくなるのが人間…

今度は記事の幅が狭いのが気になる。さっきと同じ感じで変えてしまおう!

記事本文を右クリックして要素の検証で記事の幅を決めてるところを探す。
max-widthというところが怪しいですな。
max-width: 700pxくらいにしてみると、、幅が広くなったー(∩´∀`)∩ワーイ

WordPressのCSSなんていじるのこわいよーと思っていたけど要素の検証があれば怖くないですね!
でも調子に乗っていじりすぎないようにしよう…

wordpressの投稿

WordPressってマークダウン記法なのかなーとか思ってたけど違うみたいですね。

一応、プラグイン?でマークダウンにすることもできるらしい。
簡単そうなら今度やってみる。

あと、なんか投稿した文の行間もやけに広い気がする…
コレはcssを編集してどうにかなるのかなぁ


追記2015/09/03

投稿の編集の「ビジュアル」じゃなくて「テキスト」でやれば解決した。